親が老後に生活保護を受けるための条件

親が老後の生活に備えた生活のために、それなりの準備をすることは親自身がすべきことで、子供がすべての面倒をみるべきものではありません。

日本の平均寿命は、医療水準の向上により、現在では男女ともに90歳近くになっている長寿社会です。

そのため、それなりに老後の準備をした親であっても、老化や病気による医療費や介護の必要性から、子供の援助が必要となることもあり得ます。

一方で、無年金の親の老後には、子供がどこまで扶養すべきかが問題となり、生活保護の申請の必要がある場合も考えられます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

親の老後を子供がいかに援助すべきか?

親の老後の生活を子供がいかに援助すべきかは、親の老後の生活の状況と子供の状況によって、その対応が変わってきます。

最も近い親族関係にある親と子供では、高齢となった親を子供が扶養する義務が生じますが、この義務は、子供が可能な範囲での援助とされています。

子供が破産するまで親の面倒を見る必要はなく、行政機関への相談で、親の状況を確認してもらい、必要に応じて生活保護の申請をすることで、親と子供の生活の双方を破綻することなく生活することが可能です。

親が高齢になり、病気や介護の必要性から、同居しての生活援助や資金的な援助は、子供の生活状況を考慮して相談するべきです。

親の老後の生活に破綻懸念が生じた場合には?

親が無年金の場合や老後の蓄えが不足した場合には、子供が可能な範囲で援助することは前述の扶養義務ですが、これを超える場合には、弁護士など法律の専門家を介した行政相談を受けるべきです。

仮に、親の老後の生活が破綻の危機にあり、生活保護の必要がある場合には、申請のためには条件があります。

親が生活保護を受けるには、財産にあたる土地や持ち家がなく、金融資産の残高の少なさ、誰からも扶養されていないことが条件となります。

生活保護は、個人単位ではなく世帯単位で申請と認定がされるため、親と子供が同居している場合には、認められません。

親の老後の生活が逼迫した状況にあっても、生活保護を受けることを恥だと思うこともあり、高齢の親の説得が困難だったり、行政の申請拒否などの可能性もありますので、弁護士など法律の専門家に相談することも有益です。

親の老後と子供の両方の生活を守る最後の砦

親の老後の生活と子供の生活、それぞれの世帯での生活が存在し、必要に応じた相互援助は双方の関係を円滑にするものです。

高齢化した親の面倒を子供ができる範囲で行うことは、法的にも子供の義務ですが、子供が自分の人生や生活が破綻するまでの扶養義務はありません。

親の老後の生活が破綻の危機にある場合、生活保護の申請をするべきですが、そのためには、土地や持ち家、金融資産などの財産を保有しておらず、誰からも扶養されていないことが条件となります。

生活保護の必要を感じるほど逼迫した状況でも、恥ずかしさから親が受け入れないことも多く、子供としては対応に苦慮することも多く、第三者として法律の専門家でもある弁護士などに相談することもオススメです。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする