独身で老後生活をおくるうえでの友達の必要性

独身で老後を迎えて一人暮らしをすれば、何気ない会話をしてくれる相手がいないことで、孤独感を感じる人も多いようです。

定年退職を迎えてそれまでの社会的な所属先を失い、老後の生活でつきあう周囲の人間関係も大きく変わります。

男性の場合には、これまでの仕事上の立場やそれに付随した社会人同士の付き合いが一気になくなり、友達がいないことを痛感して孤独感が大きくなることもあります。

独身での老後の生活に、友達の必要性には人それぞれの考え方はありますが、老後を迎えるにあたっての友達の作り方を紹介します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の生活に友達を如何に作るか?友達がいるメリットは?

独身での老後の生活に友達が必要かどうか、それまでの人生経験で築かれた価値観や生き方から必要性を感じないと思う人もいるかもしれません。

独り身での老後の生活には、突然の病気や怪我、身体が不自由になる危険が付きまとい、いざとなったら助けとなってくれるのは友達です。

自分の危機を救ってくれる友達がいることは、精神的な不安を和らげると同時に、周囲への無用な迷惑を避けることにもつながります。

そのためにも、独身での老後の生活には、親友と呼べる友達の存在に加えて、頼ったり頼られる友達を複数もつことが、孤独ではない安心感と必要とされる満足感も得られます。

老後に友達を作るためには?

老後に友達を作るには、それまでの人生や取り巻く環境の違いから、親しくすること自体が難しく、共通の趣味や地域のつながりの中で見つけることが、無理せずにできる方法です。

一人でできる趣味は、友達を作るどころか、おひとりさまであることを周囲に認知させ、新たな出会いと友達を作る機会を逸してしまいます。

同じ趣味を共有できる友達が出入りできる環境のものを選択し、共通の趣味から友達を作ることは、意外に容易なことかもしれません。

また、老後になって新たな習い事を始めて、その教室やコミュニティーに参加することも、新たな友達を作るきっかけにもなります。

趣味や習い事といったことにこだわらず、地域の老人会への参加なども年齢によっては、顔見知りを通じた友達作りも可能で、災害時などの人間関係にも役立ちます。

独身での老後には、自分から興味や関心のあることに参加することでしか、人間関係を広げることはできず、もしもの時に相互扶助の関係を築けることが、老後の安心にもつながります。

独身での老後には、助け助けられる友達が必要?

独身での老後の生活には、孤独感がつきまとい、それを払拭するには友達の存在が重要です。

それまでの職場での人間関係は、仕事上の付き合いも多く、友達と呼べる存在が構築されていなければ、老後を迎えてから作れば良いのです。

四六時中べったりした関係ではなく、困った時には助けたり、助けられる関係の友達を作ることが、独身での老後の生活には精神的な安心感と孤独感の払拭につながります。

そのためには、自分の興味のある趣味の集まりや新たな習い事を始めることで、そのコミュニティーに参加する共通の嗜好をもつ参加者と友達になることは、それほど難しくはないはずです。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする