独身での老後生活で保証人が必要な場合にどうするか?

独身の老後生活において、保証人がいないと住宅の転居や病院への入院、介護施設などへの入所がスムーズに行えない場合があります。

認知症を発症し、判断能力が低下した場合にも、独身での老後を送っていれば、4親等内の親族への連絡や役所を通した後見人手続きが必要となり、手間と時間がかかります。

また、独身で亡くなった場合には、意図しない遺産相続が行われることも多く、葬儀や埋葬、遺品整理といった死後の手続きも支障をきたすことが考えられます。

独身での老後生活における保証人の必要性と保証人がいない場合の対処法を紹介します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後を独身でおくる人に求められる保証人とは?

病院や介護施設などの約9割が患者や入所希望者に対して保証人を求め、約3割の施設では保証人がいないと入所を認めない対応をとっています。

保証人には、入院費用や施設の利用料の支払いといった金銭的な保証、緊急時の連絡先、死亡時の身柄や遺品の引き取りなどが求められるため、多くの場合は身内や子供にその役目が期待されます。

独身で老後を送る人が、入院や介護施設などへの入所の必要がある場合にも保証人が求められるため、家族不在のリスクに対する備えが必要です。

家族不在のリスクには、弁護士や司法書士が母体となる法人などの身元保証サービスの利用が考えられ、各法人で提供されるサービス内容や費用を確認して依頼することが大切です。

独身での老後の生活には、認知症のリスクも?

独身での老後の生活には、年齢を重ねるごとに認知症のリスクも高まり、判断能力が低下してから財産管理や相続などの問題に対峙することが難しくなることも想定されます。

独身で老後の生活をおくる高齢者に近所の人や友人が気づいても、4親等内の親族でなければ成年後見人制度を利用するための手続きができず、適切な財産管理や介護サービスに問題が生じます。

独身で老後をおくる高齢者は、自己の判断能力がしっかりしているうちに、信頼できる家族や友人に、あるいは弁護士や司法書士といった専門家に任意後見人契約をしておくことが、認知症などの判断力の低下の備えとなります。

任意後見人契約に加え、普段の生活に問題がないかを支援してくれる人との見守り契約をしておくことで、病院や施設に入る準備ともなり、保証人とする人も設定が簡易になります。

独身の老後に必要な保証人の準備は?

独身の老後には、賃貸住宅の転居や病院への入院、施設への入所などの可能性があり、その際、保証人を求められることが大半です。

保証人は、金銭的な保証や緊急時の対応など責任の範囲が大きいため、通常は身内や子供が引き受けますが、独身の高齢者には難しいことが想像されます。

保証人となる人がいない場合には、身元保証サービスを提供する弁護士や司法書士が母体となる法人への依頼が考えられます。

老後の生活には、判断力の低下となる認知症のリスクも想定されるため、独身での生活では、早めに自分の意思を支援してくれる人を確保しておくことが大切です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする