独身での老後を楽しいものにするためには?

日本では、男性の4人に1人、女性の7人に1人が生涯独身での生活を送るというデータが公表され、生涯未婚率が過去最高となっています。

最近では、企業の定年延長制度の導入により、以前の定年退職年齢60歳から、再雇用の実施で65歳へ引き上げられています。

現役世代の時間が増える一方、定年退職後の老後の時間も平均寿命が延びていることで、老後の時間も延びています。

長い老後の時間を夫婦二人で暮らすに比べて、独身での老後には不安材料も多く、楽しい老後のためには、それなりの努力が必要です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

独身の老後の不安材料には何があるのか?

独身でも夫婦での老後にも、最も不安になるのは、老後の生活資金であり、一人当たりのひと月に想定される支出金は約15万円程度とされ、持ち家か賃貸住宅によっても違ってきます。

独身での老後には、手助けしてくれる人がいないことを想定しなければならず、老後の生活資金、老後の病気や介護、老後の一人での生活の孤独感などが不安になります。

ひと月当たりの生活費を老後の期間分、現役世代で貯蓄しておくことはもちろん、病気や介護に備えた資金的な準備は、独身でも夫婦の場合にも同様に必要です。

独身での老後には、金銭的な不安だけでなく、病気や介護を必要とした際に手を差し伸べてくれる人も必要です。

独身での老後は、独り暮らしを楽しいと感じられた若い世代のものとは違い、孤独感と周囲への助けを必要とする場合への不安が付きまといます。

独身の老後の不安を少しでも解消するためには?

独身の老後の不安に備えた資金的な解消には、現役世代からの少しずつでも貯蓄し、資産運用などを活用することで多少なりとも不安を小さくできます。

しかしながら、独身で迎える老後の孤独感は、それまでに築いた人生観や人間関係、新たに交流できる可能性などが大きく関係します。

老後の不安や孤独感を和らげ、楽しいと感じながら生活するには、結婚せずに老後を迎えることを共有できる友人が必要であり、現役世代からの人間関係を構築しておくことが大切です。

既婚や未婚、男性や女性といった枠にはめた人間関係ではなく、同じ趣味をもつ人たちとの交流などを通して、さまざまな場面に参加できる環境を得ることも老後の孤独感の軽減につながります。

独身での老後の生活で病気になった際には、友人や親戚、近所の人の手を借りることもあり、日頃からのつながりを大切にしておくことが大切です。

独身の老後を楽しいものにするには、周囲への気遣い?

独身で迎える老後には、お金の心配から、部屋で一人いることでの孤独感、病気や老いによる体の不安など、心配することが多くあげられます。

さまざまな理由があれ、結果的に老後を独身で迎えるからには、楽しいに越したことはなく、そのためには、夫婦二人世帯よりもアクティブさを必要とします。

お金の面でも夫婦二人と違い、自分で貯蓄と運用をする必要があり、その費用も介護施設への入居を考慮しておく必要があります。

仕事をしていた時間がすべて自由時間となる老後には、独身での生活には趣味や思いを共有できる友人関係を構築しておくことが重要で、病気などで困った際にお互い助け合いができる関係にしておくことも大切です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする