独身で迎える老後の現実と後悔は?

独身主義で老後を迎える人もいれば、流れに任せたまま独身での老後を迎える人も、人それぞれの考え方や積み重ねてきた人生の結果として、老後の生活は違います。

しかしながら、高齢になるにつれて見た目はそれほど違わなくなり、高齢者が参加するツアーなどには、老後を迎えた夫婦連れが多く、個人やグループでの参加者も結婚していながらも、友人たちと楽しみたいなどの理由からあえて配偶者と別の行動をしている人が多いようです。

独身のまま老後を迎えると、子供や配偶者のいない現実のため、さまざまにイベントに誘ってくれる家族がいません。

独身での老後の充実のためには、周囲の人との関係を良好に保ちながら、自分が快適に過ごせる友人や困り事を頼める人間関係を構築するなど、独身であることを後悔しないための行動が必要です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

独身で迎える老後に対する世代での感情は?

結婚しなくても生活に困らないし、一人での生活が快適に思えるのは30歳代を中心とした世代で、周囲に結婚した友人の存在を感じながらも、恋人の存在や家族や友人の存在から孤独感を感じることも少なく、生活においても充実感を味わえると思います。

50歳代に入ると、両親の年齢も80歳代になり、親の介護が現実味を増すとともに、自分の老後も頭をよぎるようになり、友人関係も疎遠になりがちで、孤独感を味わい始める時期かもしれません。

さらに、60歳代になれば、両親が他界し、自身の老後の生活を迎えて、ひとりでの生活が現実となり、体の自由もそれまでとは違うものになりがちです。

老後を迎えるまでの現役世代での年代によっても、老後に対する感覚は違い、実際の老後を迎えた現実の中で、寂しさや孤独感、不安感といった後悔を感じる人も多いようです。

独身での老後に感じる後悔とは?

独身での老後の生活に感じる後悔は、身近にいる独身の70歳代の男性は、病気をしたり体の自由がきかない時に看病してくれる人がいないことと、最期の時に自分がどうなるかが不安があると、話してくれたことがあります。

彼の場合には、自分で臨んで独身を貫いたわけではなく、仕事にかまけて家族を作ることを考えなかった結果ですが、自分の老後の前に両親の介護もこなした人であるものの、自分の面倒を見てくれる息子や娘といった子供はおらず、同世代の友人たちや同じような境遇にある人たちとの交流を増やしています。

夫婦二人での老後の生活も、どちらかが残されてひとりになる状況が想定され、そうなった人が高齢者住宅などの集合住宅で暮らすことで、独身の孤独感や不安感などの後悔を和らげることも必要かもしれません。

独身での老後の生活では、頼る家族がいないため、資産形成が大切であることは大前提で、精神的に感じる不安や孤独感などは、周囲の人や友人との人間関係で解消するしか方法がなく、現役世代以上にアクティブになる必要があります。

独身で迎えた老後の現実と後悔には?

独身での生活が快適なのは、30歳代での仕事や私生活が充実し、家族や友人、恋人の存在との程よい距離感を保った関係性が構築されている間だと思われます。

年齢を重ねて、自分と周囲の環境が変わるにつれ、家族をもたない独身での生活には、子供がいない現実が次第に結婚した人たちとの関係を疎遠にしがちです。

老後の独身生活では、現役世代で煩わしいと感じた職場やそのほかの人間関係も、自分から動かないと関われない現実と孤独感を次第に感じ、後悔する人も多いようです。

特に、病気や体の自由がきかなくなることで、頼る相手がいないことへの不安や後悔は、独身での老後には付きもののようです。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする