離婚して迎える老後の一人暮らしに必要なことは?

結婚している男女の3組に1組が離婚するほど増えている昨今、夫婦二人での老後の想定が一人となる人も増えています。

離婚理由はさまざまあるものの、特に子供がいる場合にはできれば避けたいものです。

しかしながら、夫に経済力の問題があり、暴力がある場合には離婚の選択は間違いではないものの、離婚後の生活の金銭的な不安がよぎります。

離婚事由によっては、離婚することで快適な生活を送れる場合もありますが、離婚によって生じる不利益などを紹介します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

離婚によって生じる問題

夫の暴力や経済力の無さ、不貞などの理由から離婚に至る場合には、精神的な負担が排除されて離婚後に快適な生活をおくることが期待できますが、性格の不一致という理由での離婚には、個々のケースによって違いがみられ、後悔することも少なくありません。

離婚によって、まず問題となるのが、持ち家やマンションなどの共有財産の分割や子供がいる場合には、養育権や養育費などの問題が生じます。

しかも、夫が自営業などの場合には、夫だけが国民年金保険料の支払いがされている場合、妻の老後の年金が65歳以降支給されないことがあり、役所での免除申請などの手続きが必要です。

離婚の時期や夫婦の就業形態、財産分与、養育費、老後の生活基盤となる年金や保険料の支払いとさまざまに考慮する問題が山積しています。

離婚後の一人での生活

子供が独立していて熟年離婚によって一人になった老後の面倒を子供家庭に期待できず、老後を一人で暮らす覚悟が必要です。

若い時の一人暮らしとは違い、老後の一人暮らしは徐々に自由が効かない体での炊事洗濯などの家事は辛いもので、特に男性の場合にはリスクとなります。

しかも、病気や介護が必要となった際には、面倒をみてくれる人もおらず、日常生活での話し相手の存在すらない孤独に対するリスクも考慮しておく必要があります。

特に、生活基盤となる生活費や老後の資金の確保は重要で、現役世代での貯蓄や資産運用はもちろん、年金分割も理解しておくべきです。

年金分割は、離婚の際に年金を夫婦で分割し、給与所得者に扶養される配偶者が離婚による不利益を受けないために設けられています。

結婚生活を送っていて、致し方ない理由で離婚に至る場合、その後の人生を考えた場合、老後の生活までを考えたお金の問題が重要ですので、詳細については弁護士など専門家への相談が大切です。

離婚後は、一人で生活する覚悟と金銭的な準備が大切

離婚は、それまでの生活環境や人間関係が崩壊し、新たな生活を構築する必要があり、そのためにはお金が最も重要です。

離婚後は、一人の生活が老後も継続することを想定して、離婚時の財産分与や慰謝料、子供のための養育費、自身の老後の生活に必要な公的年金や社会保険料といったものを熟考しておくことが重要です。

それに加えて、一人での生活に想定される日常生活に必要な家事能力や病気の時に頼れる友人、孤独を避けるための周囲との人間関係の構築など、準備することが多々あり、できることなら、熟年離婚は避けるべきです。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする