老後に1人の生活を楽しいものにするための心構えは

人が長生きすれば、結婚していても、結婚せずに独身を貫いたとしても、老後の最後の生活は1人になります。

結婚して子沢山の生活を送り、子供夫婦や孫たちに囲まれた老後の生活を送る人も少数派としてはいますが、老後を一人で過ごすことを覚悟しておいたほうが無難です。

とはいえ、老後の生活と考えただけでも漠然とした怖さや不安を感じるもので、そのうえ最後は一人になると考えただけで、気分も暗くなります。

老後は1人になるものと考え、老後を前にする50代から少しずつ老後について考え、生活や人間関係を考えることで、老後の生活を楽しいものに変えることが可能かもしれません。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の生活が不安となる原因には?

老後の生活が不安となる原因には、まず第一には老後の生活資金であり、ひと月に想定される支出額を、公的年金が支給される65歳から平均寿命を少し超える90歳までの25年間分として算出し、現役世代からの早い段階から貯蓄と資産運用で増やしていくしか解消法はありません。

金銭的な不安は、老後を迎える前の40代や50代といった年代から考えて対策をすることで、徐々に解消できます。

金銭的な不安よりも、老後の生活が楽しいものになるかどうかは、老後を迎える本人の意識とそれまでの人生経験でできた価値観が大きく影響し、それまでの生活や人間関係と異なる環境にいかに順応するかが問題です。

1人で過ごすことに孤独感を感じないためには、それまでの会社組織などでの地位や立場を意識せずに周囲と接することが必要ですが、これが男性の場合はハードルとなります。

現役世代の生活を引きずると周囲から孤立し、周囲への助けを求める際の不安につながります。

老後の生活の不安解消には、何があるのか?

老後の生活の不安解消には、自分の親の介護や近くの介護施設などをみることで、老後の生活の一端を知ることができます。

老後の生活を知らないことで起きる不安は、知ることで多少なりとも解消され、何が必要かを考えることができます。

老後の生活を楽しいものにするためには、1人になる覚悟を持ち、老後の生活の現状を知り、現役世代での人間関係とは違う共通の趣味などでつながる友達や近所に仲間を作ることで、日常生活での孤独感を解消できる環境を徐々に作っておくことが大切です。

現役世代の社会への貢献と自己実現のための生活を終えた老後には、誰にも縛られない自由な時間があり、その時間を楽しいものにするかどうかは、周囲との新たな人間関係の構築と孤独感を楽しむ精神的なゆとりが必要です。

老後では、孤独を楽しむ慣れが必要?

老後の生活では、それまでの仕事関係のしがらみや子育てなどから解放され、煩わしいと思った人間関係からも解放される一方で、孤独感を感じることも増えます。

老後の生活を送るための資金は、現役世代からの貯蓄や資産運用などで計画的な準備をすることで、不安を多少なりとも解消することにつながりますが、孤独感の対策は、人それぞれです。

1人でいることが苦にならない人であれば、老後の一人での生活には問題ないのでしょうが、大半の人は孤独感を感じることがあり、その対策には、老後を迎える前から、新たな人間関係を構築して友達を作っておくことです。

共通の趣味を持つ仲間や近所の知り合いや友達を得ることで、老後の生活の孤独感の解消と楽しい生活につなげることができます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする