老後の生き方を左右する老後資金

老後の生き方には、それまでの人生経験で積み重ねられた価値観や考え方など、さまざまなものが影響します。

現役世代で所属した企業や仕事上の立場など、社会的な肩書きが外れ、どういった生き方をすれば良いか、不安を感じる人も少なくないかもしれません。

40代や50代といった年齢になると、次第に漠然とした老後の生き方に不安を抱き、解決策を模索すると思います。

どうしたら老後の生き方に不安を感じなくなるのか、そもそもなぜ不安を感じるのか、解説します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の生き方の不安の原因は?

老後の生き方の不安の原因は、公的年金などの老後の収入、老化による体の衰え、病気や怪我、配偶者や知人の死、認知症のリスクなどがあげられます。

つまり、大雑把に言えば、老後の生き方の不安には、お金、人間関係、健康状態の三つに集約されます。

この3つの不安要素は、老後に限ったものではなく、現役世代での不安要素とも共通していますが、なぜ、老後といった途端にに不安がますのは、なぜでしょうか。

お金の不安には貯蓄や資産運用での準備、人間関係には趣味の仲間や友達を作る、健康状態には日頃からの健康管理と運動などの一般的な解決策が考えられますが、実は本当の解決策として納得できていないために、不安な状態のままだと考えられます。

老後の生き方での不安には、不確定なことが多く、実際にはどう準備して対応して良いかわからないことが多く、どう判断するかが問題です。

老後の生き方での不安の解決には?

老後の生き方での不安の解決には、不安の原因に対しての本当の解決策を見つけることが大切ですが、考え方も重要です。

特に、老後の生き方を左右するお金に関しては、老後資金として3000万円必要だとか、1億円必要など、さまざまな金額が論評されています。

実際には、それぞれの世帯の現役世代からの所得水準もあり、準備できる金額にも違いがあり、できるだけ老後資金を準備しておくことが精神的なゆとりにもつながります。

現実には、必要な支払いが滞る状態では、老後破綻の危険性もありますが、公的年金を基盤として収入があり、不足分を貯蓄や資産運用、あるいは老後のアルバイトなどの副収入などで補填できれば、不安を感じる必要はありません。

それでも現実には貯蓄額が減ることへの恐怖と不安が残りますが、一つの考え方として、そのお金を使って貯蓄額が減ることに後悔しないかどうかを自問自答するべきです。

健康や人間関係についても、今やらないことで後悔するかどうかを自問自答することで、自分なりの解決策を見出せると思います。

老後の生き方は、それまでの人生の延長戦

老後の生き方は、それまでの人生の延長戦であり、いかに笑顔で快活な生活を送れるかは、それぞれの人の人生観や価値観、人間関係などが複合的に影響します。

その基盤となる老後の生活のための資金の準備は、現役世代から必要となり、必要となる金額は生活水準をいかに想定するかによって異なります。

仮に、自分が想定した老後資金を準備できなかったとしても、さまざまな補填方法を模索したり、限られたお金の後悔しない使い方を判断することで不安を少なくできます。

老後の生活をは、誰にとっても初めて経験するもので、不安の本当の解決策を模索することを楽しむくらいの気持ちが大切です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする