老後の準備をいつから始めるべきか?40代では早い?遅い?

老後の準備を始めるのは、早いほど良いのですが、年齢を重ねるうちにお金の悩みは変化します。

お金の不安は、将来への不安と結びつくため、20代や30代で感じる子供への教育費や住宅取得費用といった人生の事業といえるお金がひと段落つく40代に入ると、老後への不安感が増してきます。

就職して少しずつ積み立てた貯蓄とは別に、老後の資産形成を40代で始めれば、定年退職を迎える60歳まで約20年の猶予があり、遅すぎる事はありません。

40代から老後の準備を始める際に、必要な心構えとプランの立て方を解説します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

40代から始める老後の準備のポイント

40台から始める老後の準備のポイントは、現在の日本の少子化、人口減少による働き手の不足が、今後20年後や30年後は深刻化していることが予想されるため、生涯現役で生きるくらいの覚悟を持つことです。

老後を迎えても、金銭的、精神的、日常生活のいずれも人の手を煩わすことなく生活をする覚悟をもつ事で、介護や人の援助を受けざるを得ない状況も受け入れられる精神状況が保てます。

そのためには、定年後の老後にも、企業の再雇用や再就職、あるいは独立開業から選択を可能とするためにも、現役世代の40代からキャリアプランを考えておくことが大切です。

生涯現役で働くと決めたとしても、老後の資金の準備は、公的年金などの支給だけでは不足する生活費以外に突発的に必要となる病気の治療費や療養費などのためにも必要です。

老後の資金の準備のための積立と、その後の運用のための知識を準備しておくことも40代では重要です。

40代からの老後資金の作り方

40代からの老後資金の準備には、ひたすら貯金する方法、資産運用をしながら増やす方法、不動産の運用で家賃収入を得る方法などが考えられます。

今の低金利の時代では、ひたすら貯金したとしても、預金利息は期待できないため、資産運用するための元になるお金を運用しながら増やすことが現実的です。

毎月の積み立て金額に対し、想定する利回りの設定に応じた金融商品の選定が重要で、そのためには知識が必要とされ、利回りの高い商品ではリスクも高くなります。

仮に資産運用しながら、65歳以降もそれだけを頼りに月に28万円を確保しようとすれば、年に利回りを年6%とすれば、元本には5,600万円が必要という計算ができます。

老後の資金を40代から準備するには、まずは地道に貯金を積み立てて、資産運用に回す元本を増やすことが肝心です。

老後の準備を40代で始めることは遅くない?

老後の準備に40代から取り掛かることは、それまでの子育てや住宅取得などと重なる時期でもあり、後回しになりがちですが、老後まで約20年間あるため、遅いことはありません。

40代のうちに自分のキャリアをどう作って老後につなげるかを考え、老後も働く覚悟をしたうえで、老後の資金に貯金を元にした資産運用で増やすことを考えます。

資産運用の知識と元本を確保しておくことは、老後の生活でも資産運用が可能となり、老後の生活のゆとりにもつながります。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする