老後の生活の楽しみ方や生きがい

老後の生活といえば、一昔前までは、夫婦二人での自宅を中心とした何事もない生活の連続のような印象がありますが、最近では状況が違うようです。

老後をアクティブに活動する人たちが増え、生活にいろいろな楽しみを見つける人も多くなったように感じられます。

その一方で、老後を迎えた途端に、社会的なつながりがなくなり、社会に孤立する人の存在もあります。

老後の生活では、仕事、家族、趣味、友人関係といったものをどう活用して楽しみとするかがポイントとなりそうです。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の生活での仕事や家族の存在

老後の生活は、一般的には定年退職を迎えた時点から始まりますが、最近の日本の状況では定年延長や再雇用といった流れにあります。

60歳で定年を迎えたとしても、60代や70代の体の自由が効く範囲での仕事は、老後の生活費の補填や健康維持、社会との関わりが持てるといった意味からも生活の楽しみとして取り入れることがオススメです。

現役世代のように無理をした働き方ではない、楽しみながら働くことを趣味とする選択が、老後では可能かもしれません。

家族の存在は、老後の生活のハリや楽しみにもつながりますが、子供や孫へのお小遣いは無理のない範囲にとどめておくことも大切です。

老後の生活を楽しくする趣味や友人の存在

老後の生活に趣味をもつことは、仕事では得られない友人関係も副産物として得られ、楽しみとなります。

老後の趣味に多いのは、旅行、映像配信やテレビ、食べ歩き、読書、映画といったものが各種のアンケートであげられます。

それぞれの趣味で楽しみ方もさまざまですが、予算と自分の嗜好から自分に適した趣味を選択することが大切です。

特に単身で老後の生活を送る人は、一人でできる趣味よりは人と関われる趣味を選択することがオススメです。

最近では、地域のボランティア活動や災害被害地でのボランティアに参加される老後の生活をする方も増えており、さまざまな友人関係の構築などが生活の楽しみにもつながります。

老後の楽しみや生きがいは、平穏な生活から?

老後の生活を何事もなく平穏に暮らすことでも、楽しみを見出す人もいれば、孤独感に襲われる人もいます。

老後の生活でも、現役世代とは違う仕事のやり方やそれまでできなかった趣味の世界、孫の誕生などによる家族との付き合い、友人関係などが継続しながら、新たに構築することも可能です。

健康維持をしながら、普通の生活を継続することで、老後の生活においても楽しみや生きがいを無理して見つける必要はなく、自然と見つかるものかもしれません。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする