老後も仕事をするための準備

日本でも労働生産性の向上を目指すために「働き方改革」が議論されている昨今ですが、2013年には高齢者雇用安定法の改正も行われています。

この法律改正により、60歳の定年退職後も希望者は65歳まで再雇用されるようになっています。

従来の定年退職後の老後とは違い、再雇用や転職などでの仕事の可能性が残されています。

とはいえ、定年退職後に転職や独立開業などの仕事を選択する場合には、退職前の早い段階での準備が必要です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の仕事の選択肢

定年退職後にそのまま完全リタイアする人は、現実には少ないのではないでしょうか。

定年退職後に仕事をする場合の選択肢は、退職前に所属していた企業での再雇用、転職、独立開業があります。

退職後に安定した収入を得ることを考えれば、企業での再雇用がもっとも良い方法といえます。

転職や独立開業を希望するならば、これまでの自分のキャリアの見直しとスキルの見極めが重要です。

現役世代として培ってきたスキルを活かすためにも、早い段階で経営や事業開発のスキルも身につけ、技術とマネージメント能力を備える準備が必要です。

老後の仕事に向けた準備

老後も仕事を継続するためには、在職中の健康診断にくわえて、人間ドックなどで自分の健康状態と隠れた病気などを確認しておくことが重要です。

退職前の50代では、老化にともなう病気である高血圧や心筋梗塞、白内障などの初期症状などが顕在化する危険性があり、その兆候を見逃さないようにし、それらの病気への対応も準備しておくことが、退職後のスムーズな仕事につながります。

そのためには、老後を迎える前から生活習慣を見直した健康維持のための運動や食生活の見直しなどの準備をすすめることが重要です。

老後に備えた体の健康に対する準備は、高額な医療費を抑えることにもつながり、健康的な活動と仕事にもつながります。

老後にも仕事を継続するための準備

老後にも仕事の継続を希望する場合には、退職後も所属する企業での再雇用を望むのか、新たな仕事の場を開拓するのかに大きく分かれます。

現役時代に培ったスキルや状況に応じた判断をすることが大切で、新たな仕事の場を開拓した転職や独立開業などを目指す場合には、自身のスキルや能力を客観的に判断することが大切です。

老後に仕事を継続するいずれの場合にも、自身の体の状態を把握しておくことが最重要な準備となりますので、定期健診はもちろん、人間ドックなどを受けることが必要です。

老後に備えた生活習慣の見直しをすることで、健康的な生活と老化を軽減した身体状況の準備につながります。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする