老後の保険の必要性と考え方

人が生活してうえで、必ず抱える不安に対しての備えとして保険があり、年代によってその必要性が変わってきます。

現役世代と老後の生活では、必要となる保険には違いがみられます。

老後の生活では、それまでの子育てや仕事がひと段落し、家族のための保険を考える必要から、自身の病気や万が一の時に家族に迷惑をかけないための保険の必要性を感じるものです。

老後の保険には、生命保険よりも医療保険の必要性が高いと考えられますが、どんな保険を選ぶべきか、紹介してみます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

高齢者における生命保険の考え方

生命保険での死亡保険は、死亡する確率は低いものの万が一死亡した際の経済的損失を抑えるためのもので、高齢者ほど死亡の確率が高くなり保険料も高くなります。

若い世代が加入するよりも、高齢者が加入する場合、高い保険料を支払うより貯蓄に回して死亡時に備える方が良いと考えられます。

しかしながら、老後を迎えた高齢者が、家族に残す財産を保有している場合、相続税対策として保険に加入しておくことで、財産の評価額を下げることができ、節税対策に繋がります。

また、自分の葬儀代を家族に負担をかけたくないという方も多く、その場合には、葬儀代の相場である200万円程度が受け取れる保険の加入がおすすめです。

老後の生活を送る高齢者が生命保険の加入の必要性を感じる場合には、家族と冷静に相談してみることが良いと思われます。

老後を迎えた高齢者の医療費用の負担は?

老後を迎えた70歳以上の高齢者を対象として、病院の窓口などで約1割の負担で済む高齢者医療制度があります。

医療保険も生命保険と同様に、保険の支払いの対象となる可能性が高い高齢者は、若い世代に比べて支払う保険料は高額となります。

医療保険には、その保険期間に応じて、定期型医療保険と終身型医療保険があり、老後を考慮するには保障が一生続く終身型の方がオススメです。

終身型医療保険は、生涯加入を継続することが前提とされるので、契約時点での保険料と保障内容がそのまま維持されます。

終身型医療保険の加入は、なるべく早い年齢での加入が、老後からの加入に比べて割安な保険料で手厚い保障を受けられます。

しかしながら、公的な高齢者医療制度の利用で医療費負担を1割で抑えることができるため、それ以上の保障の必要性については、家族と相談することをオススメします。

老後の生活に必要な保険の準備

老後の生活では、老化することで起きる病気や突然の怪我、死亡した際の家族への負担といったことが頭をよぎり、保険加入の必要性を感じる人も多いと思います。

高齢者の医療費に対しては、70歳以上を対象とした高齢者医療制度があり、病院などの窓口での負担を1割程度で済ませることが可能です。

そのため、民間の医療保険への加入が必要かどうかは、人によって判断が分かれるもので、高い保険料を支払っても保障を受けるべきか、保険料を貯蓄に回すべきかは状況によって違うため、家族との相談が重要です。

基本的には、老後を迎えた高齢者が新たな保険に加入することは、若い世代に比べて高い保険料の支払いが必要で、保障内容との相対的な判断が必要なため、家族と話してみることがオススメです。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする