老後に畑仕事するための準備について

老後の暮らしを田舎で畑仕事をしながら、と考える方も多いと思いますが、実際に田舎暮らしをするには、引越し費用や現在の住まいの問題などがあります。

現役世代での住宅取得でガーデニングができる程度の庭の取得で、畑仕事の代わりとして満足できればいいのですが、それで物足りなさを感じる場合には移住を検討する必要があります。

都心から田舎への移住によって、物価の安さのメリットと住宅の賃料の安さがあり、住宅購入の場合も都心より安く取得できます。

田舎への移住でメリットを得られる反面、老後での再就職は難しくなり、老後の収入を継続することにはデメリットとなります。

老後の楽しみとして畑仕事をするための準備とやり方を紹介します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後に畑仕事を目的とした生活をするためには?

老後に畑仕事に専念した生活をするには、畑となる土地の取得が必要で、そのために都心から移住を考える必要がある場合には老後の生活計画を資金から移住先の検討まで、あらゆることを考慮する必要があります。

住宅取得の際に広めの庭を取得し、そこを畑がわりにできる計画を立てるか、移住するまで計画するかは、レンタルの畑を利用してみることもオススメです。

現在、都心部を中心として貸し農園があちこちにあり、畑を借りて野菜作りを楽しめる畑のレンタルサービスがあります。

しかも、初めての畑での野菜作りのための肥料や道具の準備があり、必要なサポートも受けることができますので、老後に畑仕事を本気でやれるかどうかの判断もできるかと思います。

老後の生活で畑仕事をするメリットとは?

老後の生活で畑仕事に憧れを抱く高齢者は多いものですが、農作業には体を動かすことで頭も使い、収穫できることで喜びもあり、やりがいや生きがいにもつながります。

畑仕事は、自然の中で人間本来の体力が必要とされるため、多種多様な作業工程において体を動かすことで、自然に体を鍛えられます。

農作業は、日々の適度な運動になり、80歳程度の方でも日々作業される方は多いのです。

とはいえ、全くの畑仕事の経験もなく、老後にいきなり一から始めるには、資金的にも作業的にも苦労することは目に見えています。

前述のようなレンタルの畑などを利用して、畑仕事を知ることで、老後の生活計画を考えることが失敗しないための準備となりそうです。

仮に、移住しなくとも、老後に貸し農園を利用することで畑仕事が可能であることも認識できます。

老後に畑仕事をするための準備と方法

老後に畑仕事をするには、本格的にやるのであれば、田舎へ移住して畑と住宅を確保する必要があります。

老後の畑仕事には、自然の中で体を動かすことで頭も使い、収穫の喜びを感じられ、老後の生活のハリとやりがいにもなります。

その一方で、生活の基盤となる資金が確保されていない場合、移住先での老後の資金のための再就職先探しなどにはデメリットが生じます。

都心で暮らす人が老後の畑仕事を希望する場合には、都心部に点在する貸し農園を利用した野菜作りを体験してみることをオススメします。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする