老後の健康的な生活のための筋トレ

老後の生活に、現役世代からの貯蓄や運用による資産形成が必要なことと同様に、歳を重ねても健康的な生活を送るためには、筋肉の蓄えも必要です。

人間の体は、一定の年齢に達した時点で、誰しもが老化し始め、老眼や白髪といった症状を止めることは現時点ではできません。

しかし、筋肉は何歳であっても劣化を抑止し、強化することが可能だといわれています。

筋肉量を低下させないための「筋トレ」の効果や筋肉の劣化を防ぐことで得られる効果などを紹介します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後に備えるための筋肉の蓄えの必要性

人の筋肉は、年齢にかかわらず、日々の筋トレによって鍛えることが可能で、筋量を増やすことも可能です。

筋肉を鍛えることで老化を防ぐことができ、全身の劣化を遅らせることもでき、将来の老後の生活での寝たきりを防ぐことにもつながります。

筋肉は、全身の活力を向上させ、新陳代謝の向上や細胞の活力の向上もはかられ、脂肪が消費されて肥満防止にもなります。

筋肉の劣化は、少しの段差でのつまずきが増えたり、疲れがとれなかったり、座った時間が多いなどにその兆候がみられます。

筋肉を鍛えるための筋トレには、スポーツジムに通った本格的な方法でなくとも、ちょっとした隙間時間などに気をつけることで強化できます。

老後に備えた筋トレのやり方には?

老後に備えた筋トレには、特別な器具や場所を必要としないスクワットがオススメです。

スクワットは、学生時代に運動系の部活を経験された方にはお馴染みの筋トレの方法です。

スクワットは、両足を肩幅に開いて、背中をまっすぐにして椅子に腰掛けるように膝を曲げ、太ももが水平となるまで腰をおろしたら、数秒止めてゆっくりと元の姿勢に戻し、これを数回繰り返します。

老化による筋力低下が懸念される足、腰、お尻周りの筋肉強化や向上にスクワットが効果的な筋トレ方法です。

特別な器具は必要なく、自分が立っているだけのスペースがあればできますので、ちょっとした隙間時間などに数回行い、継続することで効果が期待できます。

他にも、ランジやヒップリストなどの方法がありますが、寝そべったり足を開いた状況が必要ですので、就寝前などにおこなうことがオススメです。

老後に備えた筋肉の蓄えは、筋トレの継続で?

人の身体は、必ず老化し白髪や老眼といった症状にも現れますが、筋肉の劣化は年齢にかかわらず、抑止することが可能です。

筋トレによる筋肉の強化は、骨密度の低下の進行を抑え、全身の健康状態の向上にもつながります。

日々の生活において、座った時間の長い仕事や少しの段差でつまずきやすくなったことがあれば、スクワットを利用した筋トレをすることで効果が期待できます。

スポーツジムに通った本格的な方法ではなくとも、一日数回複数セットのスクワットを継続することで、老後に必要な筋肉の蓄えとすることが期待できます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする