老後に子供と同居したいならどうするか?

老後の暮らし方は、それまで生きてきた価値観や状況によって人それぞれであり、画一的なことはいえるものではありません。

老後を夫婦二人での生活を望む方もおられれば、単身での生活を望む人もおられるかもしれません。

また、子供と同居したいという方もおられるかもしれませんが、子供の状況や考え方によっても暮らし方の選択は変わってきます。

子供からしても、老後を迎えた両親の介護を考えた同居を考える場合もあるかもしれませんが、同居したい場合には住宅の問題が重要となってきます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の生活を子供との同居を考えた住宅の準備

老後の生活を子供と同居したいと考える場合、二世帯住宅の利用が可能な持ち家の取得がその可能性を上げる方法かもしれません。

老後の生活を送る親に都合があるように、子供にも成人して仕事をしている状況などでの都合や生活に対する考え方がそれぞれにあります。

老後を迎えた両親が二世帯住宅を保有しておくことは、子供が結婚によって子供を持ち、両親の老後や子育てを考えた時期に親との同居を模索する可能性が生まれます。

親との同居で家賃の低減や孫の世話などへの期待といった経済的な理由などが考えられますが、その可能性を二世帯住宅が高くしてくれます。

反面、嫁姑の問題や勤務先の都合などの問題も波乱要素とはなりますが、子供と同居したい場合には家の取得は大きな価値があります。

老後の介護が必要となった場合の子供との同居

老後の生活で介護が必要となった場合、施設への入居や自宅でのヘルパーさんの手助けを受けた生活などの選択を迫られる局面も考えられます。

その際、子供夫婦が状況を判断して同居したいと申し出た際には、これまでの暮らしの環境が変わることや子供への迷惑を考えることも大切ですが、住み慣れた家を離れても子供との同居を選択することも良いと思います。

老後の生活に子供夫婦を呼び寄せることを考えがちですが、子供の状況が許す場合の申し出には、主体が子供になるため反発する方も多いとケアマネージャーさんに聞いたことがあります。

自立した生活に困難をきたす場合には、施設への入居ではなく子供が受け入れてくれるのであれば、転がり込んで見ることがオススメといえます。

老後の生活は、体の状況で生活が変わることも?

老後の生活も健康で体の自由がきくあいだは、単身や夫婦二人での生活を送ることに問題はないものの、老化による体の不自由や病気や怪我での介護の必要な状況などでは、それまで暮らした家を離れた施設への入居、あるいは、子供との同居などの可能性を探ることになります。

その際、二世帯住宅の取得をしておくことは、子供が実家に戻る可能性を残し、自分たちの老後の介護をお願いする可能性も増すことができます。

子供と同居したいと思う方にとっては、二世帯住宅を取得しておくことが、老後の生活の変化に対応した家族を呼び寄せる効果が期待できます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする