独身で老後を迎えるためのマンション購入は、是か非か?

老後のための住居選びには、持ち家の購入、マンション購入、賃貸物件とあり、独身でマンションを買う人もいます。

それぞれの選択にメリットとデメリットがあり、購入者の状況によっても異なります。

現役世代での転勤が多い人や実家を相続する予定がある人には、住宅やマンション購入よりも賃貸のほうが良いといえます。

一方で、独身時代にマンション購入すれば、退職前にローン完済ができ、買い替えで利益を得ることも可能です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

独身でのマンション購入のメリットとデメリット

独身でのマンション購入は、将来の家賃負担がなくなり、資産形成につながるメリットがあり、賃貸費用に比べても管理費や修繕維持費も微々たるものといえます。

マンション購入によるローンが完済すれば資産となり、売却や賃貸経営も可能で、収益が期待できることもメリットです。

一方で、独身でマンション購入を行う時期によっては、将来の引っ越しの可能性や単身者用の物件での売却の難しさ、購入者の将来の状況の変化が読めないためのリスク、分譲のスペックの高さゆえの管理費や修繕積立金が高額であるなどのデメリットがあり、老後の生活に適したものかもハッキリと判断できません。

マンション購入に限らず、住宅の購入や賃貸の選択は、購入や賃貸をする人の事情によって異なり、しかもその人の状況も将来どう変化するかによって、判断できないこともあります。

独身でマンション購入する際の注意点は?

独身でマンション購入することは、前述のようにデメリットがあるものの、住宅ローンの完済時期や老後の生活も想定した物件の選択、将来的な資産価値に注意することで、最大のメリットが得られると考えられます。

独身時代のマンション購入では、なるべく早い住宅ローンの完済を目指すべきで、完済時期が退職後の年齢になる支払いは、予期しない状況になった時に返済が滞る可能性もありますので避けるべきです。

独身のまま老後を迎えて、購入したマンションでの暮らしを継続することを考えれば、高齢者にとって必要となる手すりの取り付けが可能かどうか、コンクリートや配管など建物の構造が長期間耐えられるものかどうか、マンション周辺の病院や介護施設などの環境なども検討が必要です。

独身でマンション購入しておけば、将来、介護施設などへの入居が必要となった際には、売却や賃貸、リバースモゲージなど資産としての活用価値があります。

独身でのマンション購入は、老後も考慮して!

独身でのマンション購入は、将来の家賃負担がなくなり、住宅ローンの完済で資産として売却や賃貸経営も可能で収益も期待できます。

独身で老後を迎えて、独身時代に購入したマンションでの暮らしの継続を想定すれば、マンションの立地環境や建物の構造なども考慮することが大切で、若い世代での生活と老後を想像した暮らしに適したものかを判断することが重要です。

老後の生活には、車での移動や病院や介護施設が周辺にあることが必要となる可能性があり、マンションにも手すりなどの設備が必要となりますので、リフォームが可能かどうかも確認すべきです。

マンション購入には、金銭的な配慮だけでなく、将来の生活を想像した生活空間と周辺環境にも注意を払って選択することをオススメします。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする