日本で老後に住みやすいのは地方?都会?

現役世代の生活を終えて、田舎暮らしを考えるシニアの住みたい地方ランキングや、住みやすい首都圏の街ランキングなどがあります。

さまざまな調査団体が、50歳以上などの対象年齢の人たちにアンケート調査を実施して調査結果を公表しています。

日本での老後の生活以外に、海外での生活を送る計画を抱くシニアもいて、移住計画はそれまでの人生経験で得られた価値観が元になって、人それぞれです。

老後を迎えるにあたって、日本での住みやすい街や地方を紹介してみます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

日本で老後の住みやすい場所が選ばれる理由には?

日本で老後を迎え、退職後の生活をおくる場所として、現役世代での生活場所と変わらない場所を選ぶことが多いようです。

住みやすい場所の条件には、周辺の交通機関の状況や病院や施設といった生活に必要なインフラが揃っていることが重要で、現役でも老後でも共通して求められます。

そのため、老後では田舎暮らしや都会での暮らしのいずれを選択することも可能となりますが、人が住む場所に対して保守的であるため、現役生活と変わらない場所を選ぶようです。

現役世代で築かれた人間関係を断ち切って、新たな場所に暮らしを移す人は少なく、住みやすい場所と憧れの場所は違います。

しかも、町の情景への憧れとは別に、住みやすいと感じられるためには、周囲の人間関係や日々の暮らしに直結する行政サービスにも場所によって違い、複合的に影響します。

日本での老後に住みやすい街は?

政府が推進する生涯活躍のまち構想によるアンケート調査の結果をみると、老後に移住し住みやすい地方のランキングの第1位には福岡県の北九州市、第2位には新潟市、高知市、第3位には山口県の宇部市、大分県の豊後高田市がランクインしています。

これらの評価には、移住支援、住宅対策、生涯活躍のまち、シニアライフ支援、医療介護体制の5項目が対象とされています。

それぞれの市町村で、移住者に対してさまざまな情報発信と金銭的、人的支援体制を行政サービスを展開していて、街並みから受ける印象だけではない住みやすい街が評価されています。

都市圏でも住みたい街や住みやすい街といったアンケート調査がさまざまに行われていますが、現役時代の生活に近い場所を選ぶ傾向がみられます。

老後の生活で、これまでとは違う田舎暮らしや都会での暮らしの選択には、地縁や血縁といった人間関係が疎遠になる覚悟と不確定要素をいかに許容するかという覚悟が必要なため、人それぞれの判断と選択を慎重に行うべきです。

老後の生活に住みやすい場所の選択とは?

日本で老後を迎えた高齢者の中には、これまでとはまるで違う環境の場所や海外への移住をされる方も増えています。

しかしながら、一般的には、現役時代での生活において住みやすいと感じられた場所や変わらない場所を選ぶことが大半です。

日本の各市町村で提供される行政サービスには、財政状況や施策の重点の置き方によって違いがあり、移住者を積極的に受け入れる場所もあります。

老後の住みやすい場所は、それまでの人生経験や価値観で総合的な判断が必要で、町並みの印象だけでなく、生活に必要なインフラなど住みやすい条件を検討し、社会的に孤立しない場所を選択すべきです。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする