賃貸物件での老後のリスク

人の住まいには持ち家、マンション所有、賃貸物件などがありますが、どれを選択してもメリットやデメリットがあり、それぞれにリスクも存在します。

老後の生活にも家を買うリスクを背負いたくないとか、自由に住み替えがきくなどの理由から、一生賃貸物件でと考える人もいると思います。

賃貸物件での老後の生活をおくるうえで考えるリスクを紹介します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後を賃貸物件で暮らすリスクは?

老後の生活を賃貸物件で暮らし続けるリスクは、「万が一のときの保証」があり、賃貸に独身ではなく家族で暮らす場合には、世帯主が亡くなっても家賃の支払いが継続されなければならず、残された家族が引っ越しせざるを得ないことも起こります。

つまり、賃貸物件では、生命保険や老後の生活に必要な貯蓄を増やすことで、家賃の支払いができないリスクを軽減する備えが重要です。

賃貸物件で、家賃の支払い滞納が続くと督促や保証人を巻き込んだ処理がされ、支払いが完了されれば別の部屋への引越しで再スタートも可能ですが、滞納の情報が登録されないことが前提条件となり、家賃に対するリスク管理が生活基盤を支えます。

年金のみをあてにした老後の生活設計をする場合には、家賃支払いを継続することが難しいと考えられるため、持ち家を前提としたほうが無難です。

賃貸物件でのメリットに潜む老後のデメリット

賃貸物件では、気軽な引越しができ、住みたい場所への自由な移動が可能で、住居費用も安くすることが可能であるメリットがあります。

しかしながら、一生賃貸で暮らす場合には、老後を迎えた生活では、家賃の支払いがリスクとなります。

高齢となって家賃の支払いが苦しい場合の転居を選択する場合、年齢が影響して借りられる物件が限定される可能性も高く、入居する物件には高齢者を敬遠することもあります。

特に、独身の老後をおくる高齢者には、保証人がいない場合も多く、夫婦ふたりの老後よりも選択肢が限られ、貯蓄の取り崩しのリスクが高くなります。

賃貸で暮らす老後のメリットとデメリット

賃貸で暮らす老後には、持ち家とは違い高額な修繕費や維持する手間がいらず、ご近所付き合いも自由な選択ができます。

しかしながら、賃貸物件に必要な家賃は、高齢となっても継続して支払い続けなければならず、年金での生活をおくる老後には生活費を圧迫するリスクともなります。

突然の病気や介護などの出費が必要となった場合にも、家賃の支払いはあり、家賃の安い物件への引越しには、保証人や高齢者の入居を認める物件などの条件をクリアにする必要があります。

賃貸で得られるメリットは、老後を迎えた高齢者にとっては、金銭的なリスクに加えて契約変更時などのデメリットが潜んでいます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする