老後移住先としての沖縄の魅力は?注意点は?

定年退職を迎え、老後の生活をこれまで暮らした都会から、どこか暖かい南の島でといった移住願望を抱く人も多いと思います。

最近では、老後の移住先として近場の引越しから、沖縄への移住、海外への移住が増えています。

老後の生活の極端な生活環境の変化は気が重い人も多いものの、近場でも大都市から地方都市への移住で、病院や娯楽施設へも公共交通機関でアクセスできるコンパクトな街も多く、地縁があれば、思い切った移住も生活コスト削減の効果も期待できます。

南国イメージがある沖縄での老後の移住生活に憧れを持つ人も多く、移住することの魅力と注意点を紹介します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の移住先としての沖縄の魅力

老後の移住先としての沖縄の魅力は、美しい海、多くの自然に囲まれた環境の中でのんびりと過ごすことがイメージできるため、誰しもが憧れを抱くのかもしれません。

現役世代での仕事に追われる生活から、自分や家族のペースで理想とする老後の暮らしを実現しやすそうなイメージから、沖縄を移住先として選択する人も多いのです。

都会での生活よりも生活にかかる資産的な余裕を感じられ、一戸建てや海の近くでの暮らしといった理想を具現化しやすいと考えられます。

その一方で、老後の理想とする生活と現実のギャップを感じる人もいるようで、すべての人が移住先の沖縄に定着できるわけではないようです。

老後に沖縄に移住する際の注意点

老後に沖縄に移住する際の注意点は、ほかの場所に移住する際も同様ですが、住む地域や住居の形態、移住する目的をはっきり決めておくことが大切です。

周囲の自然環境や都会にはない人間関係に憧れを抱いて、沖縄やほかの地方都市への移住をしても、すぐに人間関係を構築することは難しく、地域によっては地元以外の人を受け入れ難い場所もあり、老後には仕事上の関係もないため孤立する危険性もあります。

また、沖縄は本州に比べて家賃や一戸建ての住宅価格が安いイメージがありますが、意外に沖縄の物件の価格は東京と変わらない資金が必要です。

賃貸物件には、地域や環境を選ぶことで割安な物件を見つけることも可能ですが、それなりの資金が必要と考えるべきです。

沖縄では、都会のように公共交通機関での移動は不便で、自家用車による車社会であることも、考慮しておくべき点です。

沖縄での物価は東京よりも安いイメージがありますが、移住物件や生活にかかる費用はそれほど安くはなく、ゆとりある老後の生活にはネットなどを利用した副業のスキルなどを身につけておくことで、生活の安心材料となります。

老後の移住先としての沖縄の魅力と注意

老後の生活を、現役世代で暮らした都会を離れて、のんびりと自然に囲まれた環境で暮らしたいという憧れをもつ人たちに沖縄は人気の場所です。

都会から地方都市や田舎への移住には、移住先の住居の選択、生活費の想定、人間関係の構築など、さまざまに考慮すべき点も多いのです。

特に、沖縄のオープンな人柄への憧れから地元の人たちとの交流に期待が持たれますが、地域によっては地元以外の人の受け入れには閉鎖的な場所もあり、移住先の選定は慎重に行うことがオススメです。

老後の生活では、仕事上の人間関係が存在しないため、それまでの人間関係とは違う環境を自ら構築する必要があり、その点が最も考えるべき点といえます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする