老後に最適な住居の場所の選び方

定年を見据えた住居の選び方には、老後の生活を想定した住み替えの場所やリフォームなど気をつけるポイントがさまざまなポイントがあり、勇気もいることです。

住み替えの場所を考えるきっかけには、子供の独立や住まいや周辺環境への不満などが考えられ、どんな場所を選ぶかは、いくつかの選択肢がありそうです。

老後を迎えるには、それなりの資金の準備が必要となり、それに加えて住居の場所を変えるにはかなりの資金も必要となりますので、慎重に検討する必要があります。

新たな住居の場所選びの条件や、住居のリフォームについて解説します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の住居の住み替えの理由と場所の選択

老後の住居としての住み替えには、それまで暮らした家に対する不満や周辺環境の変化による場所への不満が考えられます。

住み替えの場所としては、これまでの人間関係や新たなコミュニティでの人間関係への不安を感じる場合には、これまでの住まいの近くの場所を探すことがベターです。

生まれ育った場所での老後や両親の介護のために、夫婦いずれかの実家やその近所への住み替えも選択肢の一つです。

また、子供が独立して新居とした場所の近所に老後の住居を構えるという選択肢も考えられます。

これらの場所以外に、まったく新しい土地での住み替えもありますが、現実には資金面だけなく、人間関係のない土地への老後での住居選択は精神的な負担も大きいため、少ないといえます。

老後の住居選びのポイント

老後の住居の場所を選ぶ際には、前述の場所選びに加えて、日当たりの良さや公共交通機関への近さ、周辺に病院などの施設があるかどうかがポイントとなりそうです。

老後の生活では、自宅で過ごす時間が多くなるため、日当たりの良さは、庭でのガーデニングやボンヤリ眺めて過ごすなどの時間の快適さに影響します。

老後の時間経過とともに、足腰の衰えなどによる体の自由が効かなくなることを考慮して、公共交通機関までの距離が近いことも場所選びでは重要です。

それに加えて、周辺に病院施設がある場所を選ぶことが、老後の生活において、通院などの必要に応じたストレスの軽減にもつながります。

住居の場所選択が決定したら、住まい自体の設備にも注意が必要です。

老後の生活を送るには、現役世代では考えられない足腰の弱りや体の動きの悪さが徐々に顕在化するため、住宅のバリアフリー化が必須です。

特に浴槽やトイレなどの手すりの設置や、ちょっとした段差をなくした工事などを施しておくことが、後々快適な環境となります。

老後の住居には、生き方に応じた選択を!

老後の生活を送る住居は、場所の選択やリフォームなどを施すことで快適な空間を確保することがポイントです。

子供の独立や親の介護、生まれ育った土地で老後の生活をしたいなど、住居の住み替えの理由はさまざまにあると思いますが、老後の住居の場所には、周辺に病院施設があることや公共交通機関へのアクセスが徒歩圏内にあることが、重要です。

老後の生活では、自宅で過ごす時間も長くなり、時間経過とともに病院への通院も必要となることが想定されますので、周辺の施設環境のチェックは重要です。

住宅にも、風呂場やトイレの手摺り設置や段差の解消などのバリアフリーを施しておくことも必須です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする