親の老後に必要な金額を援助するためには?

親が老後を迎え高齢になるにつれ、子供にとってもさまざまな負担がしいられる場面があり、親族間でのトラブルにもなります。

高齢者の老後の貧困は、厚生労働省のデータなどをみても、老後破産の可能性を抱える高齢者が約4割を占めるともいわれています。

子供が親の老後をはっきり確認することは難しく、親自身が老後に必要な金額のお金を準備しているだろうと考えがちです。

親の老後の生活問題が起きる時期は、子供にとっても自身の家族に必要な資金に余裕がある時期ではないことも多いのです。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

親の老後に起きそうな問題を想定しておく?

親が老後を迎えて高齢になっていくにつれ、親が直面する問題には、住宅、お金、介護といったことが考えられます。

老後を迎えた親が、潤沢な老後資産形成をしているとは考えない方が無難で、そう考えていることで、親に対する嫌悪感を抱くことが軽減でき、必要な援助の判断にストレスを感じずに済みます。

高齢となった親の老後の生活に不安を感じた際の子供の選択には、親との同居、別居のまま頻繁に様子を見に行く、施設に預けるといった方法があげられます。

同居するには住まいのバリアフリー化のための工事費が、別居のままで様子を見に行く場合には交通費と時間が、施設に預けるには入所費と費用がそれぞれに必要な金額がかかります。

いずれの方法でも、メリットとデメリットがあり、それぞれの状況に応じた判断と援助が大切です。

親の老後に必要なお金の金額とは?

老後を迎えた親に必要なお金がどれほどかを把握している子供はそういないと思われ、年金の受給状況や預貯金などをそれなりに知っておくことが大切です。

親の現役時代の就労状況や資産形成によって、老後の生活費にどの程度の余力があるのか、逼迫しているのかを判断することで、子供がどの程度援助するかも判断できます。

法的には、親族間での扶養関係が親と子供の間にあり、自分の親を扶養する義務がありますが、子供にその能力がなく子供の生活を犠牲にして親を扶養する義務はありません。

とはいえ、自分を育ててくれた親に多少とも援助しようとする場合、親の生活に必要な生活費、医療費、介護費、葬儀代といった支出のいずれがどの程度の金額不足するかを把握することが必要です。

老後の夫婦ふたりでの生活には、一般的に約30万円程度の金額が必要とされ、病院の外来や入院についても保険の加入状況などを確認して、親と子供の間での話し合いが大切です。

親の老後に必要なお金の金額とは?子供が援助するには?

現役世代で普通に就業して生活を子供と共に送ってきた親が老後を迎えれば、老後の生活に必要な潤沢な金額のお金を所有してはいないのが一般的です。

しかも、老後を迎えて高齢になっていく親が、老化や病気などで身体の自由がきかなくなり、介護の必要性がでてくることも、自然の理です。

親と子供の関係から、親の老後の生活資金の援助や介護の援助の必要がある場合、まずは状況を冷静に話し合い、子供がどの程度の援助が可能かを判断することが重要です。

親と子供だからこそ、冷静に話し合うことが大切で、感情的になると諍いにもなりかねず、親子関係を壊す懸念をはらんでいます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする