退職金が少ない人の老後の準備の仕方

老後の生活費の基盤にもなると考えがちな退職金ですが、厚生労働省の調査によれば、退職金が支給されない会社は4社に1社あります。

退職金は、企業が従業員の定着率を向上させて終身雇用をはかる目的として作られ、勤務年数や役職、月々の給与、会社への貢献度などから支給額が算定されます。

そのため、転職回数が多く、勤務年数が短いことで少ない退職金になることは明らかです。

しかも、昨今の終身雇用制が崩壊し始めた日本社会で、一つの会社だけで定年退職を迎えることが難しくなっており、定年退職時の退職金をあてにした老後の生活設計も難しい人も増えるかもしれません。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

退職金がない、あるいは少ない企業に勤務する対処法

退職金がない企業には、会社の業績が悪いために支給できない場合と退職金をボーナスや給与の支払いに分割加算して支給している場合が考えられます。

退職金がなく毎月の給与を多くしている企業に勤務していれば、退職金が毎月給与として分割支給されていることを理解したうえで、確実に貯蓄することが重要です。

逆に、退職金が支給されている企業は、毎月の給与や福利厚生を少なめに抑えて、従業員の退職金引き当てに回していると考えられます。

退職金の支給は、現在就業している人の年齢が定年退職になる20年後や30年後であり、会社の経営状況によっては支払われない可能性もあり得ます。

会社の経営状況などを判断した転職で給与や退職金の向上を目指すことで、現役世代での老後の資産形成をはかる方法もありますが、転職による退職金の減額も考慮した判断が必要です。

退職金が少ない場合の老後のプランで考えること

退職金制度がない会社での勤務、あるいは退職金が少ないことが予測される職場にいる場合には、早い時期から老後に備えた準備が必要です。

老後の資金として退職金に頼れないと思えば、現役世代から月々の家計を把握した管理が必要で、毎月の貯蓄、資産運用による資産形成が大切です。

定年退職前に、できる限り借金やローンの返済を終了させるようにし、公的年金に未納期間がないかも確認しておきます。

退職金が少ない状態での老後は、公的年金が頼みの綱となり、不足分を補うには現役世代の貯蓄しかないことになります。

退職金が少ない、あるいはない場合には、退職金を元にした資産運用ができないため、退職前に毎月の積立に加えて、確定拠出年金などの利用や有価証券の運用も考慮すべきです。

退職金を期待できる会社への転職や老後資金の運用など、不安と解決方法がみつからない場合には、ファイナンシャルプランナーなどの専門家のいる保険窓口などでの相談もオススメです。

退職金が少ない人の老後には、早めの貯蓄と運用を!

終身雇用が崩壊したといわれる日本ですが、定年退職までに転職して定年を迎える人は、6人にひとりといわれ、退職金制度がない会社も4社に1社の割合で存在します。

定年退職後の老後の生活は、退職金と公的年金でまかなおうとしても、現実には不足することが現状です。

特に、老後の資産運用の元本となる退職金が少ない人であれば、現役世代の早い時期からの貯蓄と資産運用による資産形成が必要です。

退職金の有無により、転職を希望する場合には、人生の年代的な予想を明確にし、専門家のアドバイスを受けて独りよがりな判断を避けることが、大きな失敗を避けることにつながります。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする