マイホーム、教育費、老後資金をいつ貯めるのか?

豊かな老後のためには5000万円必要だとか、1億円必要ともいわれますが、現役世代での必要な大きなお金にマイホームの購入資金や子供の教育費などもあります。

成人になって毎年1万円貯金したとしても、老後を迎える60歳までに500万円にもならず、現役世代に必要な生活費を支出しながら、マイホーム資金や教育費を同時に考えなくてはなりません。

現役世代の生活を送りながら、マイホームの資金や教育費をまず準備することを優先し、老後の生活資金はその後に貯めるのが現実的かと思われます。

マイホームの購入、教育費、そして老後の資金といった人生で求められ大きなお金の準備と考え方を紹介します。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

マイホーム資金、教育費、老後の資金準備には?

人生で起きる病気や怪我、失業などの備えとして、最低でも200万円程度の貯金を確保することが、社会人になれば、早めに確保すべきです。

200万円の最低限の貯金は、教育費や老後の資金とは別物と考え、マイホーム資金なども別に積み立てるべきです。

人生設計において、子供がある程度大きくなってマイホームの購入を考えることが多く、住宅ローンの完済時期と頭金となるお金の準備などと合わせた検討が必要です。

一般的には、マイホームの購入による住宅ローンの返済を優先して行い、預貯金の増額はローンの返済後に積み立てることをオススメします。

住宅ローンの返済を進めたほうが返済利息を減らすことになり、預貯金を増やすことよりも金額的に有利になります。

ただ、住宅ローンの控除を受けている期間はあえて急いで返済せず、余力を預貯金にまわすことが得策です。

教育費は、子供の誕生から積み立てることがオススメで、住宅ローンの返済をしながら積み立てることは大変ですが、児童手当を使わずそのまま貯金することとで、大学入学のための費用とすることが可能です。

老後の資金準備には、マイホーム資金、教育費が済んだ後になることが、現実的だと思われます。

老後の資金はいかにして準備するか?

前述のように、現役世代でのマイホーム購入、教育費の支払いと行ってくれば、老後の資金の準備をいつするのかということになります。

実際には、マイホームの購入ができていれば、その住宅の資産を老後に運用することも可能となっており、住居費の軽減もできているわけです。

あとは、老後の生活資金となる公的年金の支給額に不足するお金を、いかに積み立て、資産運用によって補うかが問題となります。

老後の資産運用には、退職金を基にして投資信託などの金融商品や不動産による賃料収入などがあり、それぞれの状況に合わせた方法を選択します。

いずれにしても、老後の資産形成は、マイホームのローン完済、教育費の負担終了が前提となります。

マイホームの資金、教育費、老後資金には優先順位を!

マイホームの購入、教育費、老後の生活には、人生において同時に進行する時間と現実となる時間に差が生じますので、その時間差をうまく利用しながら、準備することが大切です。

どうしても、マイホームのローン支払いと教育費が必要となる時期が重なる場合でも、最低限の預貯金を確保しながら、ローン返済を優先した貯金が必要です。

住宅ローンの返済を終えれば、老後の貯蓄と資産運用を考えるようにし、優先順位と最低限の預貯金を崩さないように増額するようにします。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする