老後の生活に1億円が必要はホント?ウソ?

老後のゆとりある生活には1億円は必要といわれますが、普通のサラリーマンがそれだけの金額を準備するのは難しいと思われます。

老後の生活には、現役時代での貯蓄と資産運用などで増やした老後資金と公的年金の支給が収入源となります。

老後の生活での支出は、それまでの生活水準を基準としたものに近くなり、それぞれの人生経験や価値観によってその額や使い方には違いが現れ、収入となるお金に影響を受けます。

できる限り、現役世代の生活水準を落とすことなく生活するためには、現役世代の所得水準に近い生活費を確保することが必要で、そのための資金の目安が1億円とされています。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の生活に必要とされる1億円の算出根拠は?

老後の生活に必要な資金の必要額は、厚生労働省の家計調査や生命保険文化センターなどの調査結果をもとに算出されたものがベースとされています。

家計調査によれば、老後を二人で生活する夫婦の平均生活費は27.7万円で、最低限の生活費が22万円、ゆとりのある生活のためには34.9万円という調査結果があります。

公的年金が支給される65歳から90歳まで生きると仮定すると、老後の期間は25年間となり、ゆとりのある老後の生活に必要な資金は、ひと月34.9万円の25年間分で1億470万円となり、老後に必要となる1億円と近似値になります。

この調査で示されるゆとりある老後の生活に必要とされる金額は、支出を想定される金額であり、厳密には必要とされる金額は、老後に期待される年金や現役生活で準備した貯蓄を差し引いた金額となります。

老後の生活で支給を受ける年金で不足する金額は?

老後の生活でゆとりある暮らしを送った場合の支出額は、前述のように約1億円となり、その全額を貯蓄などで準備できるに越したことはないものの、現実には老後に受ける年金の支給額があり、貯蓄などの蓄えも存在します。

65歳以降の年金支給では、国民年金が5.5万円、厚生年金14.7万円が平均的な額で、合計19.3万円を25年受け取ることで、6,600万円分の支出を賄えます。

つまり、老後に支出を想定される1億円から、老後に支出される6,600万円を差し引いた3,400万円を準備しておくことが必要です。

定年延長をせずに60歳から老後を送る場合には、それに加えて、60歳から65歳までの5年間の20,940,000円の貯蓄が必要です。

一般的に、老後にゆとりある生活を送るための資金に3,000万円から5,000万円が必要であることも、これらの調査結果がもとに算出されています。

つまり、老後の生活に支出される金額は、約1億円となりますが、65歳以降の老後資金として約3000万円が必要です。

老後の資金に1億円が必要というのは、支出額のこと?

老後の生活をゆとりをもって暮らすためには、夫婦二人の生活でひと月34.9万円という調査結果を元にして算出された総支出額1億円と考えられます。

現役世代で公的年金を納付し、社会保険へ加入していれば、国民年金と厚生年金を65歳以降受給でき、90歳までに約6,600万円になります。

つまり、実際に老後資金として必要となるのは、想定される支出総額から公的年金などで受給できる金額を差し引いた約3,000万円となります。

あくまで、平均的な数字ですので、現役世代でのより多くの老後資金のために、貯蓄や資産運用によるお金の準備をしておくことが必要です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする