老後の安定収入を得る方法

日本人の平均寿命が、男性で81歳、女性で87歳を超え、公的年金が受給できる65歳からの老後の期間としても20年を超えます。

公的年金を受給する老後の生活で最も不安となるのが、生活に必要な資金であり、安定収入の確保が精神的な安定にもつながります。

年金は2ヶ月に一度受け取ることができる安定収入ですが、これで不足する資金をいかに準備しておくか、あるいは安定した収入源を確保したいものです。

現役世代では、労働による所得を中心とした安定収入による生活基盤を築きますが、老後での生活においては、労働所得の比率が小さくなり、それを補う不労所得を考える必要があります。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後の安定収入の基盤となる公的年金

老後の安定収入の基盤となるのは、やはり、国民年金や厚生年金などの公的年金の受給が安定収入の中心となります。

公的年金の受給のためには、現役世代での国民年金や社会保険の保険料の納付を確実に行うことが重要です。

現役世代での公的年金の受給のために必要な納付を行なったとしても、老後で受け取れる金額では、実際の生活費は不足するのが現状で、不足分をできるだけ補える貯蓄を増やしておくことも大切で、一般的には、夫婦二人で約3000万円程度の老後資金が必要といわれています。

逆に言えば、老後に不足する約3000万円の資金が定年後毎月9万円ずつ安定収入として得られれば、安心した老後の生活が送れるということになります。

老後に毎月9万円を安定収入として得るためには、現役世代のように労働収入ではなく、不労所得として得る方法には、不動産や金融商品、在宅ワークなどが考えられます。

公的年金で不足する老後の生活費の安定収入の確保

老後の安定収入を得るためには、現役世代に自分が働いてお金を稼いでいたことを、お金に働いてもらうと考え方を変えることで、公的年金と自分で作った年金が受け取れることになります。

自分で作る年金は、安定収入であることが大切で、浮き沈みがある株式投資や投資信託も魅力的ではありますが、年金という意味では不向きです。

老後に独自に定期的に受け取れる安定収入としては、都心の不動産での家賃収入を得ることが最も有効です。

東京の中古マンションでは、2戸も保有していれば、毎月12万円程度の家賃収入が期待でき、所有する場所が都心であればランニングコストを上回る家賃を安定収入として期待できます。

不動産以外でも、養老保険などを利用することで、毎月の安定収入とすることも可能です。

老後の安定収入には、公的年金が基盤

老後の安定収入には、公的年金が基盤となり、それを補うために貯蓄の取り崩しと保険や金融資産の運用、不動産の運用などの不労所得が必要です。

老後の生活に安定した収入とするためには、株式や投資信託といった金融商品には浮き沈みが大きく、養老保険などの保険商品を利用した方がオススメで、これに加えて、実物資産となる不動産での家賃収入があります。

都心でのマンションを2戸所有ができれば、修繕維持費などの維持費を上回る家賃収入が期待できるため、公的年金の不足分を補う自分のための年金として利用できます。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする