老後にできる税金対策と節税対策

老後の生活に必要な資金をどのくらい準備するかについては、誰しもが注目しますが、生活費以外の保険や税金がいくらかかるのかも注意すべきです。

老後に限らず、生活の中で無意識に支払っている消費税をはじめ、所得を得た場合には所得税や住民税も発生します。

そのほかにも、車の所有や維持にかかる税金や保険料、住宅にかかる家賃や固定資産税といったものもあります。

老後の生活をいかに送るかで、かかる税金も違い、税金に支払いを最小限にする税金対策を講じることも豊かな老後には必要です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

老後にかかる税金は?

老後にかかる税金には、固定資産税、自動車税、住民税、消費税、所得税といったものがあります。

固定資産税は、持ち家を所有する人にかかる税金で、賃貸ではこの税金は必要ないものの、家賃や火災保険料といった費用が必要です。

自動車税は、自動車の所有者に年に一回徴収される税金で、車を所有していない人への課税はありません。

住民税については、非課税世帯は免除されるものの、日本に住んでいる人すべてに課税されます。

消費税は、買い物をする度に商品の8%が徴収されていて、その税率は高くなる予定になっていて、生活に直接の影響を受けます。

これらの税金対策は、住宅の所有、車の所有といったものについては、それぞれの人の生活に対する考え方や状況によって変わってきます。

老後にかかる税金に対する対策は?

老後に受け取れる公的年金の支給額は、基本的に一定ですが、支払う税金は暮らし方によっても増減がでます。

前述のような、固定資産税や自動車税は、家屋や車の所有状況によっては支払う必要がないものですが、それを補うためのバスや電車の料金、家賃や火災保険料といったそれに変わる費用の発生が想定されます。

また、老後に受ける年金の支給にも、雑所得としての確定申告が必要で、年代による一定の控除額が設定されており、65歳以上では120万円までは非課税です。

不動産の運用などで得られる家賃収入や株などの利益や配当金などは所得税としての申告が必要です。

老後の生活においても、その生活をいかに暮らすかは、個人差があるため、税金対策には受け取る公的年金の額や支払うべき税金を把握することで対処法を考えるべきです。

老後にもかかる税金にも対策を?

老後にも、現役時代と同様に、所得税や住民税をはじめ、固定資産税、自動車税、消費税といった税金がかかります。

現役時代であれば、就労によって収入を増やすことも可能ですが、老後では毎年支給される公的年金額は一定で推移しますので、税金対策をすることが必要です。

老後の生活水準の考え方や暮らし方は、人それぞれともいえるため、個人差が大きいものです。

年金以外の収入をもつ高齢者の暮らしと公的年金だけでの生活では、自ずと税金対策も異なりますが、いずれの場合でも、かかる税金を把握して生活をいかにするかを判断することが大切です。

スポンサーリンク
rougo-manabuレクタングル大

rougo-manabuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする